【サイト構築】ローカルの AWS 認証情報ファイルを作成する方法

2017年8月3日

ローカルの AWS 認証情報ファイルを作成するには

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、IAM コンソール(https://console.aws.amazon.com/iam/)を開きます。
  2. コードがアクセス権限を使用する必要があるサービスやアクションに限定した許可を持つ、新しいユーザーを作成します。新しい IAM ユーザーの作成の詳細については、「IAM ユーザーの作成 (コンソール)」を参照し、ステップ 8 の手順に従います。
  3. AWS 認証情報のローカルコピーを保存するには、[.csv のダウンロード] を選択します。
  4. コンピュータでホームディレクトリに移動し .aws ディレクトリを作成します。Linux または OS X のような Unix ベースのシステムでは、次の場所になります。
    Copy
    ~/.aws

    Windows では、次の場所になります。

    Copy
    %HOMEPATH%\.aws
  5. .aws ディレクトリで credentials という名前の新しいファイルを作成します。
  6. IAM コンソールからダウンロードした認証情報 .csv ファイルを開き、コンテンツを以下の形式を使用して credentials ファイルにコピーします。
    Copy
    [default]
    aws_access_key_id = your_access_key_id
    aws_secret_access_key = your_secret_access_key
  7. credentials ファイルを保存し、ステップ 3 でダウンロードした .csv ファイルを削除します。

これで共有認証情報ファイルがローカルコンピュータで設定され、AWK SDK で使用する準備ができました。

 

http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonS3/latest/dev/AuthUsingAcctOrUserCredentials.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です