10月は年次有給休暇取得推進期間です。

各企業において来年度の業務計画などの作成にあたり、従業員の年次有給休暇の取得を十分に考慮するとともに、
年次有給休暇の計画的付与制度の導入を検討しましょう。

労働基準法が改正され、平成31年4月より、使用者は10日以上の年次有給休暇が付与されている従業員に対し毎年5日、時季を指定して有給休暇を与える必要があります。

注)計画的付与制度をはじめ、労働者が取得した年次有給休暇の日数分は、時季指定の必要がなくなります。

詳しくは、厚生労働省のホームページ
働き方改革の実現に向けて

この記事を読んでいる方はこの記事も読んでいます。  Quad-biz サラリーマンM&Aの理想的な経営移譲の方法を考える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です