<商品>日清のカップヌードルの謎肉

日清のカップヌードルの謎肉

46年のときを経てついに正体が判明しました。

名探偵コナンで有名な青山さんが書き下ろした漫画も読みごたえがあります。

 

漫画はここから見れます。

http://www.cupnoodle.jp/nazo/

日清食品は、主力商品「カップヌードル」の発売から46周年を迎えた17年9月18日、ファンの間で「謎肉(なぞにく)」と呼ばれるサイコロ状の具材の「正体」は、肉と大豆だった、と公式サイトで明らかにしました。
 同社によると、この具材は正式には「味付豚ミンチ」といい、1971年の発売当時から入っていたました。これまでは「豚肉や野菜などの素材をミンチ状にして、フリーズドライ加工した」と説明していた。詳細な材料が不明だったため、インターネット上などで「謎肉」と呼ばれており、同社は発売46周年に合わせ、豚以外の原材料は主に大豆だと明かした。そのほか、タマネギも使っているそうです。「植物と動物の資源を組み合わせた『謎肉』は来たるべき世界の食糧難に対応した近未来ハイブリッドミート」としている。

https://youtu.be/QqCiCnLqzPw

この記事を読んでいる方はこの記事も読んでいます。  Quad-star[Switch]ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ(ポケモン レッツゴーピカチュウ) モンスターボール Plusセット(限定版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です