消費税率が8%から10%にあがる時期は平成31年10月1日(2019年10月1日)です。

サラリーマン生活をしていると、なかなか収入を増やすことが出来ないですよね。

そんななか、消費税率が8%から10%にあがる時期は平成31年10月1日(2019年10月1日)が予定されています。

一消費者の立場からみれば、本体価格10万円のものを購入する場合、消費税率8%の時には10万8千円で購入できたものが、

消費税率10%にあがると11万円支出しないと購入できないので、その影響として「駆け込み需要」や「物価の変動」も気になるところです。

日本全体が超高齢化社会になっているので、この流れはしょうがないと思うしかないのでしょうか。

この記事を読んでいる方はこの記事も読んでいます。  Quad-biz 年商1億円を目指す商品ってどんなもの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です