【ショップ】Amazon Product Advertising APIについて調査する。

EC-CUBEにアマゾンと連携させようとした際に調べて出てきたキーワード、Amazon Product Advertising APIを調べてみると、アマゾンアソシエイトのサイトにたどり着きました。

Amazon Product Advertising API

アマゾンサイトより。
Product Advertising API は、Amazon の商品情報を API を通してご提供するサービスです。Webやアプリ開発者の皆さまが、ご自分の Web サイトやアプリに組み込むことで Amazon の商品をより動的に紹介することを可能にします。Amazon の豊富な品揃えの商品を、その詳細情報や画像URL、金額、類似製品などと合わせてご紹介いただくことで、マネタイズを支援いたします。
とあります。
ログインしてみるとなにやら見たことがあるページです。
アマゾンプラグイン(Associates Link Builder)の導入と設定のときに設定した際に対応したページでした。
ということは、まずはこの認証キーについては、取得済みです。
さて、ここからは実際に対応された方の記事をひたすら探すことになります。
プログラムをかかれる方はあっという間に出来てしまうため、難なく出来てしまうことも、自分にとっては、えっ!どうやったのというものばかりです。
見つけた記事を参考に、Rubyという言語で対応する場合は、
  • 前準備:Product Advertising API に登録する
  • 前準備:シークレットアクセスキーの取得方法
    が必要。うん、これは出来る。
  • 適当なフォルダにbundlerをインストールする。
  • Gemfileを作成する。
  • amazon/ecs をインストールする。
  • 商品検索のサンプルコードをRubyで作成する。
  • 検索を実行する。(Rubyを実行する。)

という流れのようです。

さてさて、早速ですがわからないキーワード。
でも、なんらかの事前準備して、Amazonのecsというソフトパッケージをインストールして、対応する言語で記載すれば動きそうな気がします。

EC-CUBEでAmazon ecsを使うとかすると検索されるのでしょうか。。。
まずは、前準備段階は完了できているようです。

Amazon Product Advertising APIを読み込む。

私の悪い癖ですが、ググってなんだか苦労した人がブログで残している情報を探して楽しようと考えてました。
このサイトを作ったきっかけは勉強もかねているのでした。(忘れてました。)

まずはしっかりとアマゾンのサイトを読み込む必要があるのですが、どこから手をつけてよいものか。

ということで、アマゾンProduct Advertising APIのプログラミングガイドを読んだ結果を残していきます。

ここの手順を順番に進めました。

準備作業

①Product Advertising API 開発者として登録する。
以下のサイトに登録する。

https://affiliate-program.amazon.com/gp/flex/advertising/api/sign-in-jp.html

英語ですが、ここは、他の方が登録方法をたくさん載せているので、
ググればみつけられました。

②アソシエイトへの登録

https://affiliate.amazon.co.jp/join

ここも、一般的な流れで、アカウントを作成し、鍵ペアを作成する。
https://affiliate.amazon.co.jp/join

鍵ペアの取得Amazon アソシエイト・プログラムへの参加が完了したら、アクセスキー ID と秘密鍵で構成された鍵ペアの取得が必要です。Product Advertising API は、他の APIリソース同様、Amazon Web サービスのインフラストラクチャを利用して鍵ペアを生成しています。鍵ペアは、次の場所から取得できます。

http://aws-portal.amazon.com/gp/aws/developer/account/index.html?action=access-key

鍵ペアを取得すると、全ての国の Product Advertising API に対してリクエストを作成することが可能となります。

③ライセンス契約を読む

https://affiliate.amazon.co.jp/gp/advertising/api/detail/agreement.html

これでまずは前段階は完了。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です