【販売事業】米国・カナダ向けAmazon販売を支援!Trade Concierge発送代行サービス

国内最安級での米国・カナダ向けAmazon:FBA発送代行サービスです。

月額費用以外のお支払いは送料のみ!

燃油サーチャージなし!

発送ごとの手数料なし!

箱ごとの手数料無し!

インボイス作成無料!

最大1か月のお試し期間あり。

自身で荷物を詰めて、拠点まで送れば、米国・カナダのAmazon倉庫まで直送してくれます。

 


【販売事業】電子ギフト券の個人間売買サイトの最大手『amaten』

amazonギフト券を中心に、iTunesカード,GooglePlayギフトカード、楽天ポイントギフトカード等、全16種類が売り買いされています。
多くの方が利用するネットショッピングやゲームなどに利用出来る電子ギフト券が、最大20%OFFで購入可能です。
また、結婚式の二次会や忘年会、新年会、キャンペーン等でもらった電子ギフト券、使わないなら出品して換金、現金化が可能です。

電子ギフト券をうまく入手して、ほしい商品をゲットしてください。



【販売事業】Product Advertising API を使いこなせるようになる。

Amazon Product Advertising API

Product Advertising API は、Amazon の商品情報を API を通して利用できるようになるサービスです。
自分の Web サイトに組み込むことで Amazon の商品をより動的に紹介することが可能になります。
Amazon の豊富な品揃えの商品を、その詳細情報や画像URL、金額、類似製品などと合わせてご紹介できるようになります。
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/G/09/associates/paapi/dg/index.html
https://s3.amazonaws.com/aalb-public-resources/documents/AssociatesLinkBuilder-UserGuide.pdf

【販売事業】Amazon輸出のビジネス方法まとめ

Amazon輸出ビジネスはマーケットプレイスの機能を活用して、アメリカやヨーロッパなどのAmazonに輸出し海外のお客様に日本の商品を輸出するビジネス。

 

【販売事業】Amazon輸出とは

アマゾン輸出をやるメリット

 

  • Amazon輸出はAmazonという世界最大のオンラインストアの集客力を利用出来る。
  • Amazon輸出は将来の自分のビジネスのための収入の基盤を作りたい、自分の子供のためなど幅広くチャレンジ出来る。
  • 海外で人気のある商品を日本で仕入れ、海外でその商品を販売出来る。
  • 在宅で出来るビジネスなので、時間や場所を選ばずチャレンジ出来る。
現役トップセラーが教える Amazon輸出の教科書
  • 価格   ¥ 1,620
  • メーカー佐々木 惇
  • 販売者 Amazon.co.jp



今すぐAmazon公式をチェック
月に100万稼げる「Amazon輸出」入門
  • 価格   ¥ 1,620
  • メーカー山村 敦
  • 販売者 Amazon.co.jp



今すぐAmazon公式をチェック
Amazon輸出ビジネス達人養成講座
  • 価格   ¥ 1,922
  • メーカーPRICE CHECK
  • 販売者 Amazon.co.jp



今すぐAmazon公式をチェック
Amazon個人輸出はじめる&儲ける超実践テク103
  • 価格   ¥ 1,998
  • メーカー柿沼 たかひろ
  • 販売者 Amazon.co.jp



今すぐAmazon公式をチェック
確実に稼げる Amazon輸出 副業入門
  • 価格   ¥ 1,598
  • メーカー吉田 ゆうすけ, 武藤 健一
  • 販売者 Amazon.co.jp



今すぐAmazon公式をチェック

【販売事業】サイトに使う商品画像を入手する。

Amazonアフィリエイトでは、リンク内に画像のURLが用意されているため好きな商品の画像を用意する必要もなく、著作権も問題ない状況です。
YouTubeも同じく、YouTubeの提供しているURLを使っているためこちらも問題がありません。

しかし今後自分のECサイトを持つためには、これらの画像を用意する必要があります。

一般社団法人日本コンピュータシステム販売店協会(JCSSA)は2017年1月23日、ECサイト上で利用する商品画像を入手するためのルールを定めた「商品画像共用化規約第1版」を公表しています。
https://www.jcssa.or.jp

現在、JCSSA内の専用サイトを制作中で、同規約の元で2018年3月1日から運用を開始する。

 同規約で対象となる事業者は、メーカーから直接商品を仕入れて販売するのではなく、地方の販売店やネット専門の通販サイトなど、卸売会社を経由して商品を販売する事業者。対象となるネット販売事業者はこれまで、メーカーの了承を得て卸売会社から画像をもらう必要があり、手間がかかっていました。

このため、正式ではないルートから画像を入手し、間違った画像を掲載している例もありました。同規約により、ネット販売事業者はメーカー側の確認を得ずに、卸売業者から画像を入手できるため、必要な時にタイムリーに画像が使用できるようになります。

 専用サイトには、規約に賛同したメーカーや卸売販売会社などの画像提供者名が公表されます。

同規約に賛同する画像提供者の登録は、JCSSAが担当されます。

商品画像を使用したいネット販売事業者は、同サイトに掲載されている画像提供者から、取引先の卸売会社を選択し、画像提供を依頼し、画像提供者からの説明を受け、同規約を遵守する旨をJCSSAサイトに登録すれば、画像が使用できるようになります。

商品画像やスペックの提供方法は、従来通りとなる。

 同規約では、メーカー・ネット販売事業者と購入者とのトラブル防止も目的としており、トラブルがあった場合、メーカーはトラブルを起こした販売店に卸売会社経由で注意勧告できるとのことです。

まずはこのような規約があるように、商品画像の取り扱いにはルールが必要です。

この投稿では、ECサイトで利用できる画像を集めています。

http://design-ec.com

【販売事業】Amazon FBAのやり方のまとめ

Amazon輸入・輸出、国内での販売ができるようになりたいです。

そのためには、Amazonの基本的な仕組みである、FBAのやり方を理解する必要があります。

まずは、商品の確保→Amazonへの発送→商品の管理→販売のサイクルに必要なものを洗い出していきます。

 

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=200829920