【ショップ】Amazon Product Advertising APIについて調査する。

EC-CUBEにアマゾンと連携させようとした際に調べて出てきたキーワード、Amazon Product Advertising APIを調べてみると、アマゾンアソシエイトのサイトにたどり着きました。

Amazon Product Advertising API

アマゾンサイトより。
Product Advertising API は、Amazon の商品情報を API を通してご提供するサービスです。Webやアプリ開発者の皆さまが、ご自分の Web サイトやアプリに組み込むことで Amazon の商品をより動的に紹介することを可能にします。Amazon の豊富な品揃えの商品を、その詳細情報や画像URL、金額、類似製品などと合わせてご紹介いただくことで、マネタイズを支援いたします。
とあります。
ログインしてみるとなにやら見たことがあるページです。
アマゾンプラグイン(Associates Link Builder)の導入と設定のときに設定した際に対応したページでした。
ということは、まずはこの認証キーについては、取得済みです。
さて、ここからは実際に対応された方の記事をひたすら探すことになります。
プログラムをかかれる方はあっという間に出来てしまうため、難なく出来てしまうことも、自分にとっては、えっ!どうやったのというものばかりです。
見つけた記事を参考に、Rubyという言語で対応する場合は、
  • 前準備:Product Advertising API に登録する
  • 前準備:シークレットアクセスキーの取得方法
    が必要。うん、これは出来る。
  • 適当なフォルダにbundlerをインストールする。
  • Gemfileを作成する。
  • amazon/ecs をインストールする。
  • 商品検索のサンプルコードをRubyで作成する。
  • 検索を実行する。(Rubyを実行する。)

という流れのようです。

さてさて、早速ですがわからないキーワード。
でも、なんらかの事前準備して、Amazonのecsというソフトパッケージをインストールして、対応する言語で記載すれば動きそうな気がします。

EC-CUBEでAmazon ecsを使うとかすると検索されるのでしょうか。。。
まずは、前準備段階は完了できているようです。

Amazon Product Advertising APIを読み込む。

私の悪い癖ですが、ググってなんだか苦労した人がブログで残している情報を探して楽しようと考えてました。
このサイトを作ったきっかけは勉強もかねているのでした。(忘れてました。)

まずはしっかりとアマゾンのサイトを読み込む必要があるのですが、どこから手をつけてよいものか。

ということで、アマゾンProduct Advertising APIのプログラミングガイドを読んだ結果を残していきます。

ここの手順を順番に進めました。

準備作業

①Product Advertising API 開発者として登録する。
以下のサイトに登録する。

https://affiliate-program.amazon.com/gp/flex/advertising/api/sign-in-jp.html

英語ですが、ここは、他の方が登録方法をたくさん載せているので、
ググればみつけられました。

②アソシエイトへの登録

https://affiliate.amazon.co.jp/join

ここも、一般的な流れで、アカウントを作成し、鍵ペアを作成する。
https://affiliate.amazon.co.jp/join

鍵ペアの取得Amazon アソシエイト・プログラムへの参加が完了したら、アクセスキー ID と秘密鍵で構成された鍵ペアの取得が必要です。Product Advertising API は、他の APIリソース同様、Amazon Web サービスのインフラストラクチャを利用して鍵ペアを生成しています。鍵ペアは、次の場所から取得できます。

http://aws-portal.amazon.com/gp/aws/developer/account/index.html?action=access-key

鍵ペアを取得すると、全ての国の Product Advertising API に対してリクエストを作成することが可能となります。

③ライセンス契約を読む

https://affiliate.amazon.co.jp/gp/advertising/api/detail/agreement.html

これでまずは前段階は完了。

【ショップ】EC-CUBEのプラグインを開発するための情報まとめ

EC-CUBEのプラグインを開発する

今後、Amazonを使って、輸出・輸入ができるようになりたいです。
始めは、すべてアマゾンの仕組みを利用するという方法で進めていこうと思っているのですが、いずれは自分の自由な形でECサイトを持つことも、差別化を図る上では重要だと思います。

EC-CUBEでは、プラグインを作れるようになると、自分好みの機能を追加することができます。
しかしながら、自前で開発をしないと便利な機能は有料なプラグインが多いので、まだ軌道に乗っていないタイミング、導入時は大きな障壁です。また、月々支払いも発生するため、販売の利益をどんどん取られてしまうことになりかねません。

EC-CUBEで発生した注文を、Amazonの仕組みと自動で連結することは、自分の作業を効率化する上でとても必要な機能なので、月々の支払いが発生しないようにできないか考えて行きたいと思います。

導入としては、WooCommerceの仕組み(WordPress拡充:無料プラグインあり。)を始めに検討し、次にEC-CUBEの仕組み(専用機能:便利な機能はほとんど有料)という順番でECサイト構築を検討したいと思います。

WooCommerceを使ったサイトの立ち上けはできたので、次はEC-CUBEのカスタマイズの検討をしてみたいと思います。

EC-CUBEのインストールについては、以下にまとめています。

https://quadkinghd.com/%E3%80%90step2%E3%80%91quadking%E3%81%AEec-cube%E7%92%B0%E5%A2%83%E3%81%AE%E7%AB%8B%E3%81%A1%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%81%8B%E3%82%89%E9%81%8B%E7%94%A8%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81/

開発ドキュメントを知る

https://www.ec-cube.net/plugin/#03

サンプルプラグインをインストールする。

EC-CUBE開発元が用意したサンプルプラグインをインストールします。

【外部サイト】

https://www.ec-cube.net/products/detail.php?product_id=1070

 

プラグインのインストール方法について

インストール方法については、やり方がわからないといけません。
まずは以下を見て理解が必要です。
http://doc.ec-cube.net/plugin_install

とりあえず、ログインして、サンプルプログラムを購入しましたが、
次の情報がなく挫折。。。
サンプルプログラムを改造してよいのか、プラグインとしてインストールするのか、
開発ページの詳細がわからないのでいったんこの部分で思考停止。
皆さんもこのステップで挫折してしまっているのかなと感じました。。。

ここまででサンプルプログラムがPCにダウンロードできました。別の機会で。

【ショップ】QuadKingのEC-CUBE環境の立ち上げから運用開始まで

Step2:EC-CUBE環境のドメイン名決定からコンテンツ立ち上げまでの手順をまとめました。

①サーバーの選定

WordPressの自動インストールにサポートしているサーバーは多いのですが、EC-CUBEの自動インストールにサポートをしているのは、Xserverとわかりました。また、今回ドメインをサービスで無料提供してくれるということで、Xserverを選定しました。
【外部サイト:Xserver】
https://www.xserver.ne.jp/news_detail.php?view_id=2630

 

②ドメイン名の決定

今回、メインのドメインをquadkinghd.comにしました。
このドメインを中心にいろいろなサービスに拡充できるようにしたいということで、Xserverのサブドメイン機能を利用することにしました。サブドメインを使うと以下のように、shoppingと好きな名前をメインのドメインの前につけることができるので、ECサイトということが明確にわかるようにしました。これで、quadkinghdと連携があるということで統一感が出せる名称になりました。
ここは、ブランドとの紐付けになるので、とても重要だと思います。

http://shopping.quadkinghd.com/

③EC-CUBEインストール

【外部サイト:EC-CUBEとは】
https://www.ec-cube.net/product/info_3.php

Xserverは、EC-CUBEの自動インストールに対応しています。
https://www.xserver.ne.jp/manual/man_install_auto_ec.php

導入は、Xserverを使えばボタン一つ、設定するだけで導入が完了します。

④EC-CUBEの設定

マニュアルを見ながら、DBの設定を行っていきます。

⑤コンテンツの作成
EC-CUBEを導入するだけである程度の初期画面が設定されています。
これをベースに拡充することになるのですが、すでにきれいなサイトになっているので、とてもイメージがつきやすいのではないでしょうか?

http://shopping.quadkinghd.com/

これができると、ECサイトにに商品が掲載され販売を始めるようになるので、コンテンツの拡充と見栄えをレベルアップして行きたいと思います。

続きは、以下のリンクにつながります。

【ショップ】EC-CUBEのプラグインを開発するための情報まとめ

EC-CUBE公式完全ガイド[ver 2.12/2.11対応] ECサイト構築・カスタマイズ・運用のすべて
  • 価格   ¥ 3,218
  • メーカー株式会社システムフレンド
  • 販売者 Amazon.co.jp



今すぐAmazon公式をチェック
EC-CUBE 実践カスタマイズ
  • 価格   ¥ 2,678
  • メーカー株式会社クオーレ, 手塚 俊, 明山 圭輔, 西井 健治
  • 販売者 Amazon.co.jp



今すぐAmazon公式をチェック
EC-CUBE 3 店舗運営&デザインカスタマイズガイド
  • 価格   ¥ 3,024
  • メーカー西村 誠
  • 販売者 Amazon.co.jp



今すぐAmazon公式をチェック
オープンソースECサイト構築ソフトEC-CUBE公式ガイドブック【最新Ver2.13対応】
  • 価格   Check on Amazon
  • メーカー株式会社ロックオン, 金 陽信, 吉本 啓顕



今すぐAmazon公式をチェック