【ショップ】ECサイトのEC-CUBEのコンセプトを考える

2017年8月10日

ECサイトで、取り扱う商品は、Amazonセラーセントラルを使って輸出・輸入ができる仕組みを導入していきたいと思います。

これは、

  • 将来海外との関わりがしたという想いがあります。
  • 色々な商品を取り扱うことで日本の良いところ、海外の良いところを知る機会が増えると考えたからです。
  • サイトを作成する活動を通じて、インターネットの仕組みを勉強できると考えたからです。
  • 結果、少々のお小遣いを得られると考えたからです。

実際に、活動を始めて生活スタイルが少しずつ変わってきました。

今までは、スマホでニュースを見るだけで日々の時間を使って何も残らない生活でしたが、今は気になったニュースや流行りの商品があると、アフィリエイトのリンクを作って投稿を行うということでサイトが充実すると共に、今まで以上に商品への興味が出るようになりました。

このように、いきなりECサイトで取り扱う商品を自分の好みだけで決めるよりも、先ずは、WordPressのサイトで色々と紹介しながら、扱う商品を決めたいと思います。
http://shopping.quadkinghd.com/

Amazonセラーセントラルで売り上げを伸ばして軌道に乗せているサイトはたくさんあります。私もそのようなサイトに近づけるよう少しずつ成長させていきたいです。

海外で売れる商品には

  • アニメ
  • 人形
  • 家電

を扱うと成功したということをよく聞きます。

レアな商品、海外の人が欲しい商品を取り扱うことが必要です。

しかし、個人がいきなり大量の商品を仕入れたり、販売するのは難しいという現実があります。

1日1万円の商品が売れれば年商365万円が達成できます。利益は数万かもしれません。これを微々たる金額で全然ダメと言われてしまうかもしれません。

しかし1日1万円を売り上げるサイトがあるということはとてもすごいことだと思います。

立ち上げ後はすぐに成果が出ないので、辛抱強くサイトを成長させることが必要です。

今までの取り組みでAmazonアフィリエイトの仕組みは導入できました。

行動を起こすには初期投資が必要ですし、継続するにも維持費用が必要です。

ブログ型のWordpressでは色々なことを紹介しつつ、どのようにECサイトと連携させるべきか考えてみたいと思います。

私もECサイト立ち上げに頑張られている方を見習っていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です