課長の年収アップ

【楽天市場】楽天ふるさと納税|はじめての方でも簡単!納付先や使い道が選べ、お礼の特産品も楽しめます
楽天市場でふるさと納税を。はじめての方でも簡単!楽天会員ならお買い物と同じフローで寄付が可能。特産品のお礼や税金の控除を受けられるなどの特典も。楽天ポイントも貯まります。
Amazon売れ筋ランキング
Amazon.co.jpの売れ筋ランキング。ランキングは1時間ごとに更新されます。
Amazon新着ランキング 新着アイテムおよび予約商品のベストセラー。ランキングは1時間ごとに更新されます。
Amazon人気度ランキング
過去24時間で最も売上が伸びた商品。ランキングは1時間ごとに更新されます。
Amazon欲しいものランキング
最も多くほしい物リストに追加された商品。ランキングは毎日更新されます。
Amazon人気ギフトランキング
BONDS
BONDS

40代になるとそろそろ課長になるってことが現実的に認識できる歳になってきたよ。

課長や部長に昇格・昇進すると給料が上がって、年収が1000万円を越える場合があるって期待値があるんだけど、責任も増えるから課長になりたくなって人もいるみたいなんだ。でも、残り20年近く会社にいる必要があるんだからなるべく良いポジションで働きたいよね。

課長・部長に上がれる年齢ってどんどん上がっているし、上がれない人も増えてきているみたいね。せっかく課長になれる機会がもらえているのであれば頑張ってみてはどうでしょうか?

また、役職になってみないとわからないことも多いよね。上位を狙うことでスキルアップとして、マネジメントの勉強をしたり、普段からの行動も気にしながら準備をすることができると思うんだ。

スキルアップとして、ビジネス書籍や、ビジネスマネージャー検定を受けてみたり、Udemyなどのeラーニングも充実しているから取り組んでいこうと思うよ。

課長に上がることができれば、給料が上がるはずだから、年収1000万円も夢じゃないんじゃないかな。そうすれば、もっともっと投資に回すゆとりができるから、サイドFireできる環境に近づくわね。

課長になるのは狭き門 出世できる年齢や年収とは

30代後半から40代前半になると、バリバリ実務経験をこなす実務リーダーから、マネージメントを担う課長への昇進・昇格が気になる年齢になる年ごろになります。

一緒に入社した同期からも早い人で課長になり始め、当時はパッとしなかった人も今では立派な課長として、会社の第一線を担う重要な役割を任せられています。また、後輩もどんどん出世し、昇進・昇格できた人と、できなかった人の差が大きく開くのもこの頃ではないでしょうか?

現在の日本では、課長に上がるのはかなりの狭き門になり、本当に実力がある人しか昇進ができない状況になり、実力があっても上が詰まっていることにより昇進・昇格の機会が得られない人も多くいるのではないでしょうか?

こんな戦国時代を乗り越えるためにも、課長になった時に必要となるスキルや技術を身につけておき、いつでもその役割になれるようにしていきましょう。

部長・事業部長・役員の経営者への道はさらに厳しい!?

トヨタ自動車、ソフトバンクグループ、ユニクロ、日本電産に代表されるように、数年間社長として活躍している社長(経営者)さんが多くなってきました。

今まででは6年など、決まった期間になると当たり前のように経営者が刷新され、企業内での循環が行われてきたかと思います。

以前では役職定年があり、優秀な方も強制的に職を解かれ、再雇用に回されてしまい、能力があるにも関わらず給料がかなり減ってしまうという流れでした。

最近の動向では、少しずつですが、役職定年が少しずつ伸びてきており、若手が課長になることすら難しいですし、すでに課長になられた方がさらに上の職能になることがとても厳しい状況になってきました。

一般的な会社で、課長になることイコール、経営側になる(組合から外れる)という変化があるのではないでしょうか?

給料も大きく増える代わりに、責任も大きく増えるというのが一般的ではないかと思います。給料は上がらないのに、責任だけが増えるということも聞いたことがあります。

しかし、役職が上がらないと給料は頭打ちになります。

課長・部長を目指すことが将来的に給料を大きく増やし、サイドFireに少しでも近づくことができることになるのではないでしょうか?

課長に必要となるスキルを身につけるためにおすすめの書籍

実務のリーダーから、マネージャーになるには、今までのスキルのままではなく全く新しいスキルが必要となります。個人の技術を使って成果が出せれば良いのではなく、チームをまとめ、チームとして成果を出すことができるという姿が必要となります。

毎年の個人目標でも、個人で仕事ができたというよりも、チームで仕事ができたり、部下の育成やチームワークが良い状態を作るリーダーが認められていきます。この点を気づかずにいるといつまで経っても課長への道は遠のくばかりではないでしょうか?

そこで、今回、課長に必要となるスキルをまとめた本を紹介します。何冊も読み込んで今の自分に足りないスキルを身につけていきましょう。

マネージャースキルを身に付けよう!ビジネスマネージャー検定試験

ビジネスマネージャー検定試験

マネージャーの最も大切な仕事

新版 はじめての課長の教科書

課長2.0――リモートワーク時代の新しいマネージャーの思考法

ビジネスマネージャー検定試験

2022年のビジネスマネージャー検定試験を申し込みました。課長になる時に必要となる考え方や情報を習得しているかを確認できます。

ビジネスマネージャー検定試験

課長に昇進・昇格する年齢

サラリーマンの会社勤めの場合、役職に昇進するかどうかで給与も大きく変化します。役職への昇進スピードは年々変化してきており、一般財団法人労務行政研究所「役職別昇進年齢の実態と昇進スピード変化の動向」によると、昇進年齢が早くなっているとみられる調査結果が出ているようです。

具体的な昇進スピードは個々の企業によって異なりますが、速くなっている企業も珍しくありません。

昇進年齢の平均値について

企業における役職への平均昇進年齢も、徐々に変化してきています。一般財団法人労務行政研究所「役職別昇進年齢の実態と昇進スピード変化の動向」によると、平均昇進年齢は係長が29.5歳、課長が33.9歳、部長が40.1歳という調査結果になっているようです。以前の調査結果と比べれば、部長への昇進は0.9歳は早くなっています。

企業によって昇進スピードは異なりますが、部長の平均昇進年齢については少し早くなっていることが調査結果でわかっているようです。

役職への昇進スピードが速くなっている理由

ここで、役職への昇進スピードが速くなっている理由について考えてみましょう。具体的なものとして、下記のような理由が考えられます。

●若手を積極的に登用している
●成果が高い人を年齢に関係なく昇進させる
●資格制度による登用

それぞれの理由について、詳しく解説します。

若手を積極的にしている

企業内部の若返りを促進させるために、若手を積極的に登用している企業であれば、役職への昇進スピードも速くなるでしょう。若手が昇進することで、社内に新しい風を引き込んでくれたり、若手が仕事をしやすい環境づくりができたりと、何かとプラスになることが多いためです。

今後は今までにない新しい取り組みが起きるのを期待し、若手を昇進させる企業も増えていくでしょう。何より、早い段階で昇進できる環境が整っているなら、若手が働きがいを感じるきっかけにもつながります。結果として離職率も下がり、会社の発展にも寄与できるはずです。

このような背景を考えると、若手を積極的に登用し、昇進スピードを速めることには一定の効果があるといえるでしょう。

成果が高い人を年齢に関係なく昇進させる

昇進の基準として年功序列ではなく、成果の高さを重視している企業も多くあります。このような企業の場合、成果が高ければ若手が役職に就くのも珍しくありません。「やり方を考え、成果を出せれば、早く上に行ける」というモチベーションにもつながります。

ただし、成果の高さをどのような尺度で測るのかは、企業によってまちまちです。営業成績など客観的な指標ではなく、情実や好き嫌いで判断される可能性もゼロではありません。人によっては昇進が難しい可能性もある点に注意しましょう。

資格制度による登用

会社によっては、一定の資格を保有していることが、昇給や昇進における優遇条件となっているケースもあります。出世したいと思うなら、積極的に対象の資格試験にチャレンジしましょう。対象の資格試験は企業によって違うため、事前に確認するのをおすすめします。

昇進スピードは企業や個人の能力によって異なる

若手の積極的な登用や、成果を重視した人事制度の導入により、昇進スピードが速まっている企業は決して珍しくありません。役職に就ければ給与アップにもつながるため、モチベーションを高めるきっかけにもなるでしょう。

ただし、実際のところ、昇進スピードは企業の姿勢や個人の資質にも左右されます。誰でも早く昇進できるとは限りません。出世を希望するなら、社内規定などをよく確認した上で明確に目標を立てていきましょう。
今回は役職への昇進スピードについて、詳しく解説します。

課長に昇進・昇格すると得られる年収

課長に昇進・昇格すると一体いくら年収が増えるのでしょうか?

ここについては、とても興味深いところです。

課長になりたくないという会社は、課長になっても年収差がなくあまり魅力的なポジションではないのでしょう。そのため、責任ばかりが増えて、残業も多く、若手が課長を目指すためのインセンティブが感じられないのもまた事実ではないでしょうか?

一方、大規模な大企業で上場企業の場合、課長になると年収が1200万円を超えるという事実もあり、一般のサラリーマン年収の450万円程度と考えると、とても魅力的な年収となるのではないでしょうか?確かに、年収が増えるとその分税金も引かれてしまい対して増えた実感を持てないかもしれません。しかし、年収が上がれば上がるほど、サイドFireにかけられるお金が増えることになるため、目標としているサイドFireの目標金額に達成する可能性が高くなります。

課長を目指す理由は、定年後の雇用形態にも大きく関与します。一般的に定年を迎えた場合、年収が大きく下がり、また、作業内容も単調なものばかりになります。しかし、冒頭にも挙げた経営者を見てください。70歳近くになっても現役で企業を旗振りするように活躍しています。

定年近くになってゲートボールやテレビを見て老後を過ごす、叶えたい夢を持って世の中を変えながら老後を過ごす。どちらが良いかを本気で考えると、成り行きで定年を迎えるとどうしても後者の姿にはならなのです。

そのためにも、サラリーマンである自分は、上を目指し、副業をしながらでもお金を稼ぎ、将来に向けては起業をすることで、夢のある人生を送れると思うのです。

一度きりの人生です。同じ会社で過ごすことはとても難しい時代になりました。しかし、会社の体質は大きく変わるものではありません。決められた枠の中で生活する中でも少しでも上を目指したいのです。

まずは、課長になって年収を今よりも増やす。年収1200万円を目指しませんか?頑張ればその立場になることができるという状態であればそこを目指すべきです。

サイドFIREのHPをフォローする
個人事業主・副業の始め方|BONDS SFDAOコミュニティブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました