資産管理会社設立・節税対策

年収が1000万円を超えたら、資産運営会社が良いって聞いたんだけど会社員でもできるのかな?

全くわからないから、どのようなメリット・デメリットがあるのか、節税もできるみたいだから考えてみた方が良いわね。

資産管理会社とは

節税ができるということで、資産管理会社に資産を持たせた方が節税になる。

・自らの資産の管理を目的とした会社。

・プライベートカンパニーともよばれる。

・税務的なメリットが多い。

年収が1000万円を超えるサラリーマンの活用法

資産運用や副業をおこなっているサラリーマンは使える。

所得税率と法人税率の差がある。この差を利用して節税ができる。

高収入であればあるほど税負担は上がっていく。

個人の所得だと最大55%。これに対して法人税率は最大でも34%。

利用する対応として、不動産事業が多い。不動産から得られた収入を利用できる。

会社が1つあると、いろいろな節税ができる。税務メリットを多く取れる。

プライベートカンパニー

自分自身の持っている資産の管理を目的として設立した会社。

自分自身の資産を運用管理する業務だけを行うために、会社、法人を設立することで税務的に有利になる。

役員報酬を0円にすると、税金の計算の手間が小さくなる。

リスク

自宅を登記する。会社名から自宅がバレてしまう。

 

 

サイドFIREのHPをフォローする
新NISAでの資産運用で早期リタイアを夢みるパパの実践奮闘ブログ 資産を増やしサイドFIRE、億り人、メリデメ 投資信託 全米株式インデックス 米国S&P500、VTI、VOO |BONDS
タイトルとURLをコピーしました