Quad-biz サラリーマン生活このままで良いですか?

サラリーマン生活を続けていると、毎日同じルーチンをこなすようになって、いつの間にか時が過ぎてしまいます。

沢山の仕事のやり方を覚えて、新しい技術や新商品の勉強をする。

お客様に喜んでもらうために、日々開発や製造を行う。

やりがいを持って仕事が出来ていたり、周りの同僚、上司や部下に恵まれている、満足しているのであれば良いでしょう。

仕事を一つの手段と捉えて働けていますでしょうか。
年齢が上がってしまうと転職も出来なくなり、また新しいメンバーがどんどん追い抜いていきます。

今や、大企業といっても、新しい企業が台頭し、安定して働ける保証は全くありません。

家族や自分を守るのは、自分だけです。
今は安定しているかもしれませんが、サラリーマンの生活では収入の上限が見えています。

同僚との昇進、昇格の勝負に破れ会社で一言も喋らず、定時に帰る人生ってすごく寂しいと思うのです。

人は上を目指して、信じているから頑張っていけるのでしょう。

保証もないのに、何も対策をしないでいるのはとても危険だと思います。

30代後半から40代前半にかけて、年齢に関係なく、人事上の逆転、昇格エスカレーターに乗っている人は、どんどん昇進、昇格していきます。

現実はそう甘くはないです。
しかし、給料がもらえるだけで安心して、自分を言い聞かせていたら、上を目指さなくなってしまいます。

起業する事が正解ではありませんが、会社生活を諦め、定年を迎える。自分でできる範囲をどんどん広げず小さい自分で人生を終えてしまうのはやはり、いいことではないと思います。

私も今はブログしか出来ていませんが、数年経てばかなりの大きなサイトにできるかもしれません。

皆さんも今のサラリーマン生活を一度立ち止まってみてはいかがでしょうか。


最後まで読んで頂きありがとうございます。

この記事を読んでいる方はこの記事も読んでいます。  愛犬ハマちゃんとの約束 夢の動物病院を作るまでの物語:アムリット動物長生き研究所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です