Quad-biz サラリーマンM&Aで得られる価値とは

下町ロケットの佃製作所の佃社長は、中小の製造業では、とても優秀な社長さんです。

メンバーのモチベーションを上げることもさることながら、大企業にキーデバイスを販売、コア技術はしっかりと特許で抑えてあり他社の追従を許さない状況を作っている。

こんな人情味の溢れる会社は、ずいぶん減ってしまったのでしょうか、ストレスを抱えているサラリーマンの方が多くいるのも実情です。

会社は、組織で成り立っているということもあり、必ず人が働き、はじめて企業活動が成り立ちます。

起業すると、1人から始めなければなりませんが、サラリーマンM&Aでは、必ず今まで働いていた方がいます。

この方達をどの様にモチベーションを維持してもらいながら、新しい風を吹き込むか。

これが、サラリーマンM&Aの一つの価値ではないでしょうか。

今までのやり方に閉塞感が漂っている状況をいかに佃社長の会社の様に、全員が仕事でガッツポーズをして喜べる会社にできるのでしょうか。

全員参加で、一つの目標、ゴールに向かっていこうと思う社員の気持ちが持てるのも良い企業と言えるのではないでしょうか。

この記事を読んでいる方はこの記事も読んでいます。  Quad-biz AMPをやめたら、すぐに広告が入るようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です