Quad-biz サラリーマンM&Aの理想的な経営移譲の方法を考える

サラリーマンM&Aで事業の売買を行う場合には、どの様な事業移管を行うことが良いのでしょうか?

M&Aを通じで、経営者との双方の会話の中から、お互いの条件の合った場合にM&Aが成立し、いわゆる結婚が成立するという状態になり、これから全ての経営をすべて移管することになります。

しかし、サラリーマンの立場から考えてみると、やる気はあるものの、いきなり全てのものを抱えるには負担が大きいのではないかと考えています。

そこで、前の経営者の方がどのように事業を移管するのか、1番初めの拒絶反応をいかに抑えて、スタートダッシュをするかがとても重要なことだと考えられます。

さて、一番はじめに失敗する要因としてあげられるのは、人間関係ではないでしょうか?

お互いに新しい環境となるのですから、不安になるのは当たり前のことです。

また、新しい経営者の意見をいきなりは受け入れられないということも考えられます。

人と人の繋がりはとても大切なことです。

いつの間にか、日本の会社の中にあった日本らしさが少しずつ無くなってきていると思います。

子供のころには社長になってみたいという想いを持っていた方も、歳をとるにつれていつのまにか夢を見ることを諦めてしまって、現実を知りチャレンジしなくなっているのではないでしょうか。

そんなチャレンジもうまくいかないかもしれませんが、せっかくM&Aで繋がった絆は、一から育てていくのも良いのではないでしょうか?

私は、下町ロケットに出てくる佃製作所の佃社長の会社の様に社員が目標に向かって頑張り、目標を達成した際には、全員でガッツポーズを取れる様な会社にしていきたいと思っています。

そのためには、縦と横のコミュニケーションやつながりがとても大切になります。

今や仕事はどんどん専門的になり、隣の人が何をしているのか、わからないという会社もあると聞いたことがあります。

経営者が出来ることは沢山あります。

事業を大きくするだけではなく、会社の中の風土も良くするのも一つの経営指標だと考えています。

いつかは私も経営者になりたいと思っています。

その際には、最高の事業移管を出来るようになると良いなと思います。

この記事を読んでいる方はこの記事も読んでいます。  Quad-biz どのような会社が300万円で買えるのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です