Quad-biz スモールM&Aで事業を売却しませんか?

今の日本は、少子高齢化と言われるほど、将来的には人材不足が叫ばれていますね。

政府与党と維新の会の賛成で衆院可決し、法の成立が固まった出入国管理法(入管法)改正案。日本の将来像に重大な影響を与える法案ですが、移民が始まるとどんな事態が起こり得るのでしょうか。

経営者の方々の多くが、今後事業継承をしていかなければなりません。

大企業の中であれば、社内の人材から次期の経営者を選んでいくことも可能ですが、中小の企業であれば、日々の企業活動をこなしていくだけで、上手く後継者選びができていないのではないでしょうか?

経営者の子供に家業を継がせるのはとても難しいことだと思います。

大都市の東京、大阪、名古屋、福岡などの企業に就職してしまうと、ますます地方の企業を継ぐことが出来ず、しまいには廃業の道を選ぶしか無くなってしまうのではないでしょうか?

大企業の中には、出世街道から外れてしまった人や、普段の業務に対してもう少し自分流で活動の枠を広げたいと思っている人が多くいると考えています。

サラリーマンの年収は、400万から1000万円と幅広いものの、優秀な経営者の卵の方も多くいます。

事業を大きく成長させたり、海外進出など行うためには、若い人材の育成や活躍が必須になってきます。

今の企業を若い経営者に託す方法として、スモールM&Aという方法があるのはご存知でしょうか?

優秀な人材を外部から確保するのも一つの戦略です。

この記事を読んでいる方はこの記事も読んでいます。  Quad-stock アフィリエイト収益を株投資するシステム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です