Quad-biz ページRPMとインプレッション収益の違いと平均の目安|Google AdSense

グーグルアドンセンス管理画面で収益を確認するときに「見積もり収益額」「ページビュー数」「表示回数」…etc。いろいろと確認するポイントが多いですが、サイトを運営する上で重要な情報です。

今回は、その中にある「ページRPM」と「ページのインプレッション収益」を調べました。

管理画面の中で「ページビュー数」や「クリック数」などニュアンスで意味が大体わかるものがありますが、「ページRPM」と「ページのインプレッション収益」ってまったく何のことかわかりませんでした。

ただブログへのアクセスが増えページビュー数やブログ収益がそれなりに獲得できるようになると、決して無視できない数字になります。サイトを沢山見てもらっているのに収入が出ていないかなど判断するためです。

今回は「ページRPM」と「ページのインプレッション収益」の違いやそれぞれの平均の目安について解説していきます。

「ページRPM」とは、1,000PV(ページビュー)当たりの収益額を示しています。

計算式です。
ページRPMの計算式
ページRPM=見積もり収益額÷ページビュー数✕1000

この計算式で「ページRPM」がいくらなのか求めることができます。
例えば見積もり収益額5,000円でページビュー数が10,000の場合。
5000円(見積もり収益額)÷10000(PV数)✕1000=500円(ページRPM)
この場合1,000PVあたりに500円の報酬額が発生してるということです。これが「ページRPM」です。

「ページRPM」の金額が高ければ収益効率が良く、金額が低ければ収益効率が悪いということです。

「インプレッション収益」とは、広告表示回数1000回当たりの収益額を示しています。

計算方法です。
インプレッション収益の計算式
インプレッション収益=見積もり収益額÷表示回数✕1,000
この計算式で「インプレッション収益」がいくらなのか求めることができます。

例えば見積もり収益額5,000円で広告表示回数が20,000回の場合。

5000円(見積もり収益額)÷20000(表示回数)✕1000=250円(インプレッション収益)

この場合だと1,000回広告表示されると250円の収益が発生してるということです。これが「インプレッション収益」です。

ページRPMとインプレッション収益の違い

「ページRPM」と「インプレッション収益」の違いは、見積もり収益額に対して「ページビュー数」か「アドセンス広告の表示回数」かの違いです。
どちらも重要な指標ではありますが、グーグルアドセンスで収益を上げるために分かりやすい指標は「ページRPM」です。

なぜなら「ページビュー数」は他サイトとカウント方法は同じですが、「アドセンス広告の表示回数」はサイトごとで広告の設置数が異なりますよね。だから一概に「インプレッション収益」の高い低いを判断できないからです。

「テキスト&ディスプレイ広告」の上限数も撤廃になりましたし、「関連コンテンツ広告」や「リンクユニット広告」などさまざまな広告を設置できるようになっています。

なので「ページRPM」を指標にすれば、他のサイトよりも収益効率が良いのか悪いのか判断することができます。アクセスが多いとか少ないとかも関係なく、1,000PV当たりの収益額を比較できるのも特徴です。

「ページRPM」の平均の目安は「専門性の高いブログ」か「日記ブログ」なのかで異なります。
なぜなら専門性の高いブログだと読者層の年齢層や男女などターゲティングがある程度は明確化でき、広告主やGoogle側からすると広告を出稿しやすいからです。

またターゲティングできる媒体であればあるほど、広告単価は高くなっていきますよね。

一方でトレンドブログやその他の雑記ブログの場合だと読者層もバラバラになるので、広告主やGoogle側もどんな広告を出稿すればいいか悩みます。

なので必然的に広告単価の安い広告が雑記ブログなどに表示されることになり、雑記ブログメディアの方が「ページRPM」が低くなります。

・専門性の高いブログメディアの場合:1,000円から5,000円程度
・雑記ブログメディアやトレンドサイトの場合:300円から450円程度

インプレッション収益の平均の目安

「インプレッション収益」の平均の目安は、150円から250円程度だと考えられます。

「インプレッション収益」の場合はアドセンス広告の表示回数です。
つまり「テキスト&ディスプレイ広告」や「関連コンテンツ広告」、「リンクユニット広告」など色々な広告を1ページ内やサイドバーなどに設置してる場合には必然的に表示する広告数は多くなるので「インプレッション収益」は低くなってきます。

ブログメディアを収益化する際に一番大切な指標は間違いなく「見積もり額」です。

「ページRPM」は大切!

ブログメディア運営をスタートさせたばかりのころは「ページRPM」と「インプレッション収益」はそこまで気にする必要はありません。
5000PV(ページビュー)を超えたくらいから意識したほうが良いです。

特に「ページRPM」が低いとたくさんアクセス数を集めても収益効率が悪いと、収益額が思うように増えていきません…。
アクセス数を増やすことも重要ですが、ある程度のページビュー数を確保できたら「ページRPM」の改善に努めていきましょう。

この記事を読んでいる方はこの記事も読んでいます。  Quad-biz 素人とプロに分けるとあなたは素人?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です