Quad-biz ライザップ赤字転落でM&A凍結から失敗を学ぶ

M&A戦略の何がいけなかったか。

「結果にコミットする」の宣伝文句で知られるRIZAPグループ(以下ライザップ)は業績でコミットできないことが明らかになりました。

2019年3月期の純損益を当初見通しの159億円の黒字から70億円の赤字に下方修正し、無配に転落することになってしまいました。

最近では、ゲームソフトやCDの販売・買い取りのワンダーコーポレーションや、ヘアケア製品の企画販売のジャパンゲートウェイといった、ここ1年以内にM&Aにより傘下入りした企業の再建が計画通りに進まなかったためだと言われています。

 さらに注目されたのがM&A(企業の合併・買収)の凍結を発表したことです。

ライザップはM&Aで、売上高を16年3月期の539億円から18年3月期には1362億円まで拡大させてきました。この2年間で、約50社を傘下に入れたという急な投資を行ってきたということになります。

 ライザップの手法は、業績の悪い企業を割安で買収し、そこで発生した「負ののれん」(純資産額より買収金額が下回った場合の差額)を割安購入益として、利益に計上するというものだ。IFRS(国際会計基準)で認められているため粉飾ではないが、見掛け上は営業利益のかさ上げになります。

18年3月期の営業利益136億円のうち、74億円が割安購入益だった。

売上高と営業利益をかさ上げできる負ののれんを目当てに、M&A案件の評価が甘くなっていた面もあったのではないでしょうか。

現に、ワンダーコーポレーションは在庫の評価損を計上していましたが、音楽CDの不振は今に始まったことではなく当然予測できたはずです。

積極的にM&Aを行ってきた18年3月期の有利子負債は768億円、自己資本比率は16.3%。財務面での脆弱さは明らかで、買収した企業の再建が進まず、収益を上げられなければ、株価の下落や資金繰りの悪化につながりかねない状況にありました。

下方修正後、株価は2日続けてストップ安を記録した。本業での収益拡大やシナジー追求といった原点に立ち戻った経営ができるかが問われています。

本業である、ダイエットのためのジム、トレーニングのビジネスは、黒字を出していたというところから、M&A戦略により赤字経営になってしまったということでしょう。

M&A戦略のはじめのうちは、事業にシナジーがある本当のパートナーとなるべく進めていたところ、いつのまにか数値目標に達成することが目的に切り替わってしまったことだと思います。

また、どんな企業でも立ち直させる力があると思い込んでしまったのでしょうか。

どの分野にも黒字を確保している分野をいかに効率的に拡大するか。

企業の保有している資産や技術をいかに他の分野に仕向ける事が出来るか。

この舵取りを担うのが経営者です。

サラリーマンM&Aでも同じことが言えます。まずは自分の強みを最大限に発揮して、企業を立ち直らせるか。

企業の持つ強みをどのようにすれば最大限に発揮出来るかということに尽きると思います。

AIに仕事を奪われてしまう時代がいつかはきます。

しかし人間が不要になることはありませんし、歳をとっても元気に働ける世の中が必要です。

ライザップの失敗事例から何を学び、何に生かすかを常に考えていく事が大切なことです。


最後まで読んで頂きありがとうございます。

この記事を読んでいる方はこの記事も読んでいます。  Quad-biz ブログにノウハウを貯めよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です