Quad-biz 子供をサラリーマンにするのが幸せなのか?

子供を育てている親からすると、立派な学校に入って、立派な会社に入ってもらいたいという思いがあると思います。

また、就職ランキングなどを見ると、安定した公務員や大企業に働きたいという人が多くいるのではないかと思います。

では、もし自分が会社をM&Aで買った場合、経営者として子供を跡取りにするということが考えられます。

しかしながら、大企業の場合、創業者でない限り、社長業を継ぐというのは難しいのかもしれません。

築き上げてきたものを子供に託してさらに大きく育てる。

農家や老舗のお店では当たり前になっていることも、サラリーマンの場合はそれが出来ないのです。

親が子供のレールを敷くという言い方になってしまっており、嫌がるのかもしれませんが、例えば、若いうちから、年収を大卒よりも初任給を高く出来ないものでしょうか?

今のご時世ですから、お金がないということで、結婚が出来なかったり、借金をしてしまいやりたいことができないなど、子供の夢を叶えるということも親心としては当然の気持ちではないでしょうか。

サラリーマンも終身雇用の時代は終わり、実力のあるものだけが、生き残っていける時代になっていきます。

親である自分が成功させた会社を受け継いでくれるということができるのであれば、とても喜ばしいことだと考えています。

安定したところで働いて欲しいという親の思いも、その環境が用意できるのであれば良いのではないでしょうか?

親子2代で同じ会社で働きたいという会社を作っていけないものでしょうか?

私はそう考えています。

この記事を読んでいる方はこの記事も読んでいます。  Quad-biz 会社だけが全てではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です