Quad-biz 将来の不確実性にどのように構えるべきか

将来の不確実に企業をしてもうまくいかない?

現実問題として、起業の最大のリスクというのは、“将来の不確実性”だと思います。

ゼロからビジネスを始めて、1年間そのビジネスを維持するというのは大変なことだと思います。

実際に起業して1年以内に廃業せざるを得ない方が沢山いらっしゃいます。

しかし、シニアの方で、例えば60歳で定年になられた方で「年金受給まで、あと5年有ります」といった方が、そのリスクを下げるために、起業をするがゼロから起業するのは危険だという事で、フランチャイズに加盟される方もいらっしゃいます。

またこの年金受給開始時期も、今後はどんどん遅くなる傾向にありますので、60歳で定年を迎えても、5年どころか10年は働かなければならないといった状況が想定されます。

確かにゼロからビジネスを立ち上げる訳ではないので、フランチャイズビジネスのリスクは低いです。

しかし、リスクが低ければ低いほど身入り(利益)も少ない訳です。

例えば、システムが非常に良く出来上がっているコンビニエンスのフランチャイズの加入者の方は非常にリスクが低いと思います。

コンビニエンスのノウハウや仕入れを使ってビジネスができるわけですからリスクは低い一方、取り分も低い訳です。

しかし、アルバイトを雇うなどを出来ないと24時間の営業も出来ず、リタイアメントが出来ないということになります。

そのリスクとリターンのバランスをどのように取っていくかが重要となっていきます。

今は、独立して事業をやっていくよりは、フランチャイズに加盟した方がリスクは低いだろうという感覚をお持ちの方が多いので、定年退職後にフランチャイズに加盟される方が多いのだと思います。私は、これは別に間違っていないと思います。ただし選択肢が少なすぎると思います。

「もう一つ選択肢があるのではないか?」と私は考えています。それがM&Aです。

既に動いているビジネスを買い取って、そのビジネスを引き継いでやっていこうというのがM&Aです。

時間をお金で買うのがM&Aです。要するにゼロから何か事業を始めたら、投資額を回収するまでには少なくとも3年とか5年とかかかる訳です。

そうではなくて、既に3年とか5年とか営業を継続している所(事業)を買って、そこをスタート地点としようというのがM&Aなのです。

但し問題があります。それは資金です。

資金についてですが、大企業(特に上場企業)については、M&Aのための資金が金融機関から非常に借りやすい状況になっています。

ですから、大量にお金を借りてM&Aをすることができる訳です。

一方で、上場会社以外の非上場会社、または個人で「M&Aをするからお金を貸してください」と言っても、金融機関からお金を借りることができるケースというのは“ほとんど無い”と言われていますし、実際にそのようです。

“運転資金の範囲の中で、お金を借りて一部を使ってM&Aをする”と実際は目的外の使用なので本当はいけないのですが、そのようにしてできる範囲で銀行からお金を借りて、M&Aをしている例もあります。

 或いは不動産を持っているので、それを担保に入れて融資を受けてそのお金でM&Aに使おうといったケースも有りますが、「M&Aをするからその融資をしてくれ」といってもなかなか難しいというのが現状です。

「会社を買うこと」をオススメのは、生き方が多種多様になった今、知識と行動次第であなたも資本家になれる可能性がある。

「起業すればいいじゃないか!」という声が挙がりそうだが、
実際大富豪の代表である、ソフトバンクの孫正義氏も雇われ社長ではなく資本家。0を1にするのではなく、会社を買うことで1を10、10を100にするのが得意なのである。
あの孫氏ですら、最初の事業を続けるのは困難なのです。

中小企業を買収すると聞くと、「後継者がいない危険な企業を買う」と勘違いしがちだが、そうではありません。

中小企業はワンマン運営が多く、経営できる従業員が育っていなかったり、承継できそうな親族が都内に出てしまっていることが多い。経営システム、ビジネスモデルが改善されたら伸びる企業が買い手市場な今、手を出さないのは勿体無いのではないだろうか。

もちろん会社を買うということは簡単ではないと思います。
知識をつけ、行動することは誰にでもできる事ですが、誰にでもできることを、やってない人は多いのです。
知識を誰よりも早く身に着け、行動する人間が今後成功していくのだと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事を読んでいる方はこの記事も読んでいます。  Quad-biz スモールM&Aとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です