Quad-biz【ショップ】QuadKingのEC-CUBE環境の立ち上げから運用開始まで

Quadkingブログは楽天ショッピングのスター商品、新商品を紹介して、販売者や生産者など、販売に関わる方を応援をしています。

いつも楽天商品を主に扱っているQuadking ショップのブログにお越し頂きありがとうございます。

Quadking shop
https://shopping.quadkinghd.com/

Quadking blog
https://quadkinghd.com/

楽天Quadking blog
https://plaza.rakuten.co.jp/quadking

この楽天のブログテーマでは楽天会員の方向けのお得な情報が集まっています。
ブログテーマ:楽天市場ショップ紹介

セレクトショップQuadkingショップから今日の投稿です。

ネットショップをEC-CUBEで構築する

全体のec-qube-ショップ構築はここから。

Step1でレンタルサーバーの選定からインストールまでの手順を説明しました。

詳細は、以下の記事を参照してください。
レンタルサーバー選定

この記事では、実際のサイトを立ち上げた際の設定を例にしながら手順を説明します。

Quadking shop
https://shopping.quadkinghd.com/

Step2:EC-CUBE環境のドメイン名決定からコンテンツ立ち上げまでの手順をまとめました。

①サーバーの選定

WordPressの自動インストールにサポートしているサーバーは多いのですが、EC-CUBEの自動インストールにサポートをしているのは、Xserverとわかりました。

また、今回ドメインをサービスで無料提供してくれるということで、Xserverを選定しました。

【外部サイト:Xserver】
https://www.xserver.ne.jp/news_detail.php?view_id=2630

②ドメイン名の決定

今回、メインのドメインをquadkinghd.comにしました。

このドメインを中心にいろいろなサービスに拡充できるようにしたいということで、Xserverのサブドメイン機能を利用することにしました。

サブドメインを使うと以下のように、shoppingと好きな名前をメインのドメインの前につけることができるので、

ECサイトということが明確にわかるようにしました。

これで、quadkinghdと連携があるということで統一感が出せる名称になりました。

ここは、ブランドとの紐付けになるので、とても重要だと思います。

https://shopping.quadkinghd.com/

③EC-CUBEインストール

【外部サイト:EC-CUBEとは】
https://www.ec-cube.net/product/info_3.php

Xserverは、EC-CUBEの自動インストールに対応しています。
https://www.xserver.ne.jp/manual/man_install_auto_ec.php

導入は、Xserverを使えばボタン一つ、設定するだけで導入が完了します。

④EC-CUBEの設定

マニュアルを見ながら、DB(データベース)の設定を行っていきます。
このデータベースは、Wordpressや他のホームページと共有するのではなく、
ショップ専用のデータベースにしたほうが良いです。

⑤コンテンツの作成
EC-CUBEを導入するだけである程度の初期画面が設定されています。
これをベースに拡充することになるのですが、すでにきれいなサイトになっているので、とてもイメージがつきやすいのではないでしょうか?

http://shopping.quadkinghd.com/

これができると、ECサイトにに商品が掲載され販売を始めるようになるので、コンテンツの拡充と見栄えをレベルアップして行きたいと思います。


最後まで読んで頂きありがとうございます。

この記事を読んでいる方はこの記事も読んでいます。  ”積み上げてきたこと”が自分たちの誇り:Neelセレクトショップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です