Quad-star 任天堂Switch スマッシュブラザーズをやってみませんか

スマッシュブラザーズの紹介です。

任天堂Switchからスマッシュブラザーズが登場です。

任天堂のゲームのキャラクターが、所狭しと暴れ、場外に飛ばして勝負をする。

色々な必殺技や武器を使って有利に勝負を進めたり、チーム対戦して連携して敵を倒す。

大人から子どもまで、楽しめるゲームになっています。

ゲームといえば、eスポーツが本格化し、大きな大会が開催されるようになりました。

第1回全国高校eスポーツ選手権が開催されるのをご存知でしょうか。

いま新たなスポーツジャンルとして注目を集めるeスポーツの世界では、若い選手たちが世界の舞台を目指してしのぎを削っています。

eスポーツが持つ魅力に共感し、全世界でゲームの位置付けが見直されはじめ日本からも、体格や性別、年齢にかかわらず、スポーツに触れる機会が増えていくことでしょう。

eスポーツは、一人ひとりまたはチームとして磨き上げた技を競い合う場であること。

性別や国籍、障がいにとらわれず、誰もがプレーヤーになれるダイバーシティな競技であること。

国境を越えて世界中のライバルたちとコミュニケーションをとりプレーする、グローバルな競技であること。

いつでもどこでもつなぎ会える。 全国高校eスポーツ選手権は、高校生プレーヤーたちが技を磨き挑戦することの楽しさを体感できる貴重な機会であり、次代を担う若者たちの挑戦を後押しできる良いイベントだと思います。

大会概要

大会名称
第1回全国高校eスポーツ選手権

開催目的
eスポーツを楽しむ高校生を応援し、新しい文化として発展させていくこと

主催
株式会社毎日新聞社

共催
株式会社サードウェーブ

開催時期
オンライン予選 2018年12月23日(日)~26日(水)
オフライン決勝 2019年 3月23日(土)~24日(日)

決勝会場
幕張メッセ

タイトル
リーグ・オブ・レジェンド部門(PC)
ロケットリーグ部門(PC)

参加資格
・日本在住の高校生、高等専門学校生(3年生まで)、定時制高校生、通信制高校生 ※日本在住の外国人留学生も参加可能 
・対象年齢は満16歳~19歳
・予選大会と決勝大会に参加できること
・同じ高校からチームを組んで参加できること
・その他、参加規約は大会公式サイトに掲載

https://www.ajhs-esports.jp

リーグ・オブ・レジェンド
ゲームルール

リーグ・オブ・レジェンド、通称LoL(ロル)は、世界で最もプレイされている、5対5で行われる対戦型PCゲームです。

プレイヤーたちはチャンピオンと呼ばれる141体のキャラクターからそれぞれ1体を選択し、5人全員で力を合わせ、戦略を駆使し、敵防衛拠点の「タワー」を破壊しながら「ネクサス」と呼ばれる相手の本拠地の攻略を目指します。

試合のみどころ

試合はマップ「サモナーズリフト」で行われます。1試合の時間(相手本拠地の破壊までに掛かる時間)は30分から長い場合は1時間を超える試合もありますが、時間帯によって見どころが変わってきます。

5人のプレイヤーがそれぞれ担当する役割に応じて展開される、試合開始から10~15分程度の間繰り広げられる序盤戦。

序盤戦では主に自チームのチャンピオンを強化するために多くの資源を獲得することを目指します。

小さな有利を積み上げていくのが大事なこの時間、中でも最初に相手チャンピオンを倒す「ファーストブラッド」をどちらが取るのかが見どころと言えます。

チャンピオンが強化されてくる15分以降の時間帯は中盤戦。

各チームがこれまで作った有利不利を考えながら、相手の防衛拠点「タワー」の破壊を狙い始める時間です。

プレイヤーは状況に応じて立ち回り、マップの中を動き回りながらLoLの見どころの一つである「集団戦」といわれる5対5の戦いが繰り広げられるようになってきます。

ひとつの集団戦の勝利や、どちらのチームが先に相手の防衛拠点を破壊できるかどうかに注目です。

30分付近になれば試合はもう終盤戦。

大きな有利を作り上げたチームがそのまま勝利を掴むこともあれば、一度の集団戦で大逆転が巻き起こる可能性もある、最も緊張感のある時間です。

獲得することで自チームに大きな有利をもたらすモンスター「バロン」の争奪戦、そして勝負が決まる相手の本拠地「ネクサス」を破壊する瞬間、それは選手達の感情が発露される瞬間でもあります。

ここでは語りつくせない、見どころ満載の試合展開をプロの実況解説と一緒にご覧下さい。

詳しくはリーグ・オブ・レジェンド公式サイト「戦闘の基本」ページをご覧ください。


最後まで読んで頂きありがとうございます。

この記事を読んでいる方はこの記事も読んでいます。  Quad-star ゴーストにヤタガラス。下町ロケット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です