Apple iOS SwiftUIのアイコンを押下した時の処理を作り込む

SwiftUIの勉強をしてきたけれど、そろそろ、自分の作りたい機能を実装したいと思うんだ。基本的な作り方が分かれば、機能を膨らませることができるから、まずは基本的な動作を知りたいんだ。

そうね。一度形ができてしまえば詳細にすることができたり、表現方法を変えるなどできるわね。でも、どうやったらその方法ができるのか一歩目がむずかしいわね。

まずは、基本的な機能なんだけど、画面を押下したら新しい画面を出したいんだ。

例えば、メニューボタンや、インフォメーションボタンを押した時の機能を実装したいね。

SwiftUIでは、画面上のボタンを押した時の操作は、基本的な操作ですが、実際に新しい画面を表示したり、前の画面を残したりとやり方次第では難しくなります。

基本的な動作なので、ここでしっかりとやり方をおさえておきましょう。

XcodeでSwiftUIコードだけで、ボタン押下時の処理を実装する。

メニューボタン押下時の振る舞い実装

 

インフォメーションボタン押下時の振る舞い実装

インフォメーションボタンを押下した時、アプリの基本的な情報や、新しいニュースなどを通知したくなると思います。

例えば、HPへのリンクや問い合わせなど、アプリに必要となる基本的な動作をさせて、ユーザが持つ疑問を解消することで、アプリへの評価が上がるのではないでしょうか?

アプリに直接文句が言えない場合、アップルストアでのコメントや評価を低くされてしまい、またそのコメントを見た人がアプリのダウンロードを止めようとしてしまうので、ユーザが不快になることを、Apple Storeに残されてしまうのは、かなりデメリットが大きいのではないでしょうか?

そこで、インフォメーションボタンを用意し、以下の項目を実装したいと思います。

HPへのリンク:

アプリケーションをより知ってもらったり、アプリ経由でブログやホームページを見てもらうことにより他のサービスを利用してもらう。
 例えば、Youtubeへの誘導や、ホームページやブログへの誘導、物販、本などの印刷物の購入ページへの誘導など。

アプリケーション説明:

アプリケーションの機能の説明を記載する。

 

 

Quadkingブログニュース
サイドFIREのHPをフォローする
新NISAでの資産運用で早期リタイアを夢みるパパの実践奮闘ブログ 資産を増やしサイドFIRE、億り人、メリデメ 投資信託 全米株式インデックス 米国S&P500、VTI、VOO |BONDS

コメント

タイトルとURLをコピーしました