Apple iOS SwiftUIのサブスクリプション購入後とAdMobの広告を表示させないようにする。

AppleのサブスクリプションとGoogleのAdMobが使えるようになってきました。Xcodeに、StoreKit2とAdMobを使える状態の開発環境ができたので、早速やりたいことを実現していきたいね。

StoreKit2のサブスクリプションとGoogleAdMobはどういったことをやりたいの?

2つの課金の仕組みがあると、アプリとして不評になるんじゃないの?

現時点の技術力では、課金アプリを買ってもらえるためにはかなり厳しい状況なんだと思う。だから、基本的には、無料でAdMobを使って収益を得られるようにしながら、サブスクリプションを買ってくれたユーザには、広告を表示させないというアプリが良いんと思うんだ。

 

そうね。課金をしてもらうということで、しっかりとしたものを作るという気持ちは大事よ。

責任が発生するから、サブスクリプションやアイテム課金については、しっかりと考えを持って対応していきましょう。

サブスクリプションとGoogle AdMobの連携を進める。

iPhoneアプリをSwiftUIで作っていくと、少しずつ機能をレベルアップすることになります。

それぞれが使いこなせるようになった時に、組み合わせてコラボレーションする必要があります。

この機能を作らないとうまくアプリケーションが作れませんので、詳細を記載します。

Apple StoreKit2

Apple iOS Appで課金アプリを作成する。【サブスクリプション】

GoogleAdMob

Google AdMob 広告【SwiftUI iOS広告】

詳細要件を規定しましょう。

この章では、AppleのStoreKit2でのサブスクリプション機能を購入してもらった際に、Google AdMobで表示された広告を表示させない。有効期限が切れると再度広告を表示させるようにする。

サブスクリプションの購入状態により、広告を表示させないようする。

サブスクリプションを購入してもらうと、有効期間内にサービスが利用できるようになり、有効期限が切れるとサービスを利用できなくなる機能が、Apple SwiftUI StoreKit2で用意されています。

サブスクリプションは一度購入してもらうと、継続するかどうか決めてもらえるようになり、継続的に収益を見込めるため、是非ともアプリケーションに入れたい機能です。

今回、アプリケーションは、無料でダウンロードできるようにして、通常は広告が表示されますが、サブスクリプションを購入すると広告が表示されないようにしたいと思います。

Google AdMobには、リワード広告、リワードインタースティシャル広告があります。この2つは、別途考えている機能追加のアイテム購入に使いたいと思いますので、扱いは別に検討したいと思います。

機能:サブスクリプション購入中は、アプリ起動広告、バナー広告、インタースティシャル広告を表示させないようにする。有効期限が切れたら再度、無効になっていた広告を表示させる。

(ユーザが広告の試聴を選べるリワードインタースティシャル広告(とアイテムを得られるリワード広告)は、見ることで、追加の費用がなく機能を追加できるため、この2つのアイテムは一度作り込んで試したいと思います。)

以下のリワード広告は、サブスクリプション時にも表示させたいと思いますので、広告なしという用語は使わないようにしたいと思います。

AdMobリワード広告

サブスクリプションの仕様を決める。

サブスクリプションの購入では、広告を表示させずに利用できること。

という仕様であれば、Google AdMob広告を表示させない有効期限に対して、価値をもたすことになります。イメージとしては、スマホの1Gbyteに価値を持たせるとうイメージでしょうか。物体ではなく、サービスに価値を持たせる。このように、広告が表示されないことに価値を持ってもらうという戦略が必要です。

サブスクリプション1週間券:700円
サブスクリプション1ヶ月券:3000円
サブスクリプション2ヶ月券:6000円
サブスクリプション3ヶ月券:9000円
サブスクリプション半年券:18000円
サブスクリプション1年券:36000円
まずは、広告がどの程度入るかもありますが、広告を入れないことによる得られる金額がなくなるわけですから、それ相応の価値を払ってもらうということも検討する必要があると思います。

なぜ1日100円としたかとすると、基本的に、アプリ起動時広告が表示されない、バナー広告が表示されない、インタースティシャル広告が表示されないという3つの広告がなくなるわけです。

もし、1つでも広告が見られたとして得られる費用をサブスクリプションの額にしたいと思います。
そうそう、サブスクリプションの場合は、Appleに一部利用料が支払われますのでやはりこの程度の金額を回収できるようにしたいと思います。

画面下部にある標準という枠が、サブスクリプションになっていますので、この部分を上記の広告無料券に置き換えたいと思います。

Add Auto-Renewable Subscriptionが自動で期間延長をしてもらえるので、このサービスを使いたいと思います。

以下の機能を置き換えていきたいと思います。

1:Productsファイルにサブスクリプションの設定を入れる。
2:サンプルコードの中から、車とガソリンなどの設計になっている部分を自分のアプリ用に変更する。

SubscriptionsView.swift

3:アプリケーションで使うアイコンを選ぶ。

SF Symbols - Apple Developer
With over 4,000 symbols, SF Symbols is a library of iconography designed to integrate seamlessly with San Francisco, the system font for Apple platforms.

課金画面元データ

Add Consumable in-App Purchase
Add Non-Consumable In-App Purchase
Add Non-Renewing Subscription
Add Auto-Renewable Subscription

Page Not Found - Apple Developer
The page you requested does not exist.

自動更新サブスクリプション(Add Auto-Renewable Subscription)

Appのコンテンツ、サービス、プレミアム機能への継続的なアクセスを提供することができます。自動更新サブスクリプションでは、ユーザーがキャンセルするまで定期的に課金が行われます。一般的なユースケースには、メディアやコンテンツのライブラリ(ビデオ、音楽、記事など)、サービスとしてのソフトウェア(クラウドストレージ、仕事効率化、グラフィックス、デザインなど)、教育コンテンツなどへのアクセスがあります。自動更新サブスクリプションでは、ファミリー共有を提供することができます。

サブスクリプションについてさらに詳しく

非自動更新サブスクリプション(Add Non-Renewing Subscription)

ゲーム内コンテンツのシーズンパスなど、期間限定のサービスやコンテンツを提供することができます。このタイプのサブスクリプションは自動的に更新されないため、アクセスの継続を希望する場合は、ユーザー自身が都度購入する必要があります。

 

Quadkingブログニュース
サイドFIREのHPをフォローする
新NISAでの資産運用で早期リタイアを夢みるパパの実践奮闘ブログ 資産を増やしサイドFIRE、億り人、メリデメ 投資信託 全米株式インデックス 米国S&P500、VTI、VOO |BONDS

コメント

タイトルとURLをコピーしました