Quad-star Quadking shoppingのコンセプトは感謝

WordPressを使ったブログ構築ですが、記事数も200を超えて、楽天アフィリエイト、Googleアドセンス共に収入を稼ぎ出し始めました。

また、株式投資により、今後アフィリエイト以外の資産活用にも着手を始めました。

そろそろ次の事業を展開するための準備が整い、継続して多角化を進めて行きたいと思います。

今回、ECショップの戦略ですが、楽天、ヤフー、アマゾンの大手3社のうち1社を使うことを前提に、独自サイトを1つ持って、同時に2店舗のオーナーになる場合のショップオーナーを目指していきたいと考えています。

ブログについては0が1になるパワーは相当なものでしたが、なんとか収入を稼ぎ始めましたので、本命のショップを立ち上げる準備が整ったと考えています。

楽天、ヤフー、アマゾン共に出店をすると、毎月の固定費用が発生することになりますので、まずは、自身のショップを立ち上げる準備をすることにより、事業を展開した場合のリスクなどを洗い出したいと思います。

ECショップには、大きく2種の方法を教えています。

一つは、EC-CUBEというショップのためのサービスを使うこと、もう一つは、WordPressのWoocomerceと呼ばれるブログにショップを立ち上げることが出来るツールを使うことです。

今後、このブログ自体は企業のホームページにすることを考えていますので、専用のショップを構築出来る、EC-CUBEを使った店舗を立ち上げて行きたいと思います。

例えばブログに、自身がAmazonセントラルセラーで出店した商品を、Amazonアソシエイトで紹介するというコンセプトは、事前に楽天アフィリエイトを使って、200件の記事を書いてみましたが、このコンセプトは、認められていないということが明確になってきました。

記事にアフィリエイト広告を貼り付けるブログだけでは、Amazonアソシエイトの申請は通らず、販売者とブロガーの立場から、Quadkingショップの組み合わせができないということになりますので、ECショップはまずは国内向けのサービスに絞り、出品してみたいと思います。


この記事を読んでいる方はこの記事も読んでいます。  【ショップ】Amazon Product Advertising APIについて調査する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です