Quad-biz ライザップ赤字転落でM&A凍結から失敗を学ぶ

M&A戦略の何がいけなかったか。

「結果にコミットする」の宣伝文句で知られるRIZAPグループ(以下ライザップ)は業績でコミットできないことが明らかになりました。

2019年3月期の純損益を当初見通しの159億円の黒字から70億円の赤字に下方修正し、無配に転落することになってしまいました。

最近では、ゲームソフトやCDの販売・買い取りのワンダーコーポレーションや、ヘアケア製品の企画販売のジャパンゲートウェイといった、ここ1年以内にM&Aにより傘下入りした企業の再建が計画通りに進まなかったためだと言われています。

 さらに注目されたのがM&A(企業の合併・買収)の凍結を発表したことです。

ライザップはM&Aで、売上高を16年3月期の539億円から18年3月期には1362億円まで拡大させてきました。この2年間で、約50社を傘下に入れたという急な投資を行ってきたということになります。

 ライザップの手法は、業績の悪い企業を割安で買収し、そこで発生した「負ののれん」(純資産額より買収金額が下回った場合の差額)を割安購入益として、利益に計上するというものだ。IFRS(国際会計基準)で認められているため粉飾ではないが、見掛け上は営業利益のかさ上げになります。

18年3月期の営業利益136億円のうち、74億円が割安購入益だった。

売上高と営業利益をかさ上げできる負ののれんを目当てに、M&A案件の評価が甘くなっていた面もあったのではないでしょうか。

現に、ワンダーコーポレーションは在庫の評価損を計上していましたが、音楽CDの不振は今に始まったことではなく当然予測できたはずです。

積極的にM&Aを行ってきた18年3月期の有利子負債は768億円、自己資本比率は16.3%。財務面での脆弱さは明らかで、買収した企業の再建が進まず、収益を上げられなければ、株価の下落や資金繰りの悪化につながりかねない状況にありました。

下方修正後、株価は2日続けてストップ安を記録した。本業での収益拡大やシナジー追求といった原点に立ち戻った経営ができるかが問われています。

本業である、ダイエットのためのジム、トレーニングのビジネスは、黒字を出していたというところから、M&A戦略により赤字経営になってしまったということでしょう。

M&A戦略のはじめのうちは、事業にシナジーがある本当のパートナーとなるべく進めていたところ、いつのまにか数値目標に達成することが目的に切り替わってしまったことだと思います。

また、どんな企業でも立ち直させる力があると思い込んでしまったのでしょうか。

どの分野にも黒字を確保している分野をいかに効率的に拡大するか。

企業の保有している資産や技術をいかに他の分野に仕向ける事が出来るか。

この舵取りを担うのが経営者です。

サラリーマンM&Aでも同じことが言えます。まずは自分の強みを最大限に発揮して、企業を立ち直らせるか。

企業の持つ強みをどのようにすれば最大限に発揮出来るかということに尽きると思います。

AIに仕事を奪われてしまう時代がいつかはきます。

しかし人間が不要になることはありませんし、歳をとっても元気に働ける世の中が必要です。

ライザップの失敗事例から何を学び、何に生かすかを常に考えていく事が大切なことです。


最後まで読んで頂きありがとうございます。

Quad-stock レストラン系の株主優待に投資するのはどこが良い?

株主になると、その企業の経営に参画することになり、企業が得た利益を享受することができます。
一方で利益を上げられない企業や経営者は、株主配当を出せず、株主から厳しいジャッジを求められることになります。

投資により、株価が上がったり、配当が得られることにより、収益を上げることができます。

その配当の中に株主優待と呼ばれる、企業が作っているサービスや商品、株主優待券、金券など、様々なものが保有する株式数に合わせて貰えるものがあります。

そこで、通常は、株価の変動により、利益を享受する事が一般的ですが、株主優待の権利をもらえる日に保持をしておくという投資方法があります。

権利日は、企業により様々ですが、自分が好きな企業や商品を持つ事で、株主優待を貰えることになります。

さて、株主優待を貰えるといった場合には、レストラン系の株主優待が欲しいと思います。

金券を貰えることで、普段なら食べられないような料理を家族と楽しむことができます。

子供をレストランに連れて行くと結構な出費になることがあります。

子どもは、お寿司やハンバーグなどが大好きなので、レストラン系の株式に投資することを考えてみたいと思います。

優待がたくさん貰えると思いついたのは、数万円の優待券を貰える会社が気になりました。

コロワイド
アトム
すかいらーく

そもそも、株主優待をもらうための初期投資が必要な状況ですが、少額でも、保有資産を増やすということで、現金預金をしているのではなく、生活の中でやりくりできる額を株式に投資していこうと思います。

100株でも、3000円の金券が貰えるようなので、少額投資をしてみたいと思います。

結果は適宜紹介出来ると良いと思います。


最後まで読んで頂きありがとうございます。

Quad-biz 初心者オーナーは、定番商品から取り扱いましょう。

Quadkingブログは楽天ショッピングのスター商品、新商品を紹介して、販売者や生産者など、販売に関わる方を応援をしています。

いつも楽天商品を扱っているQuadking ショップのブログにお越し頂きありがとうございます。

楽天会員の方向けのお得な情報が集まっています。
ブログテーマ:楽天市場ショップ紹介

Quadking shop
https://shopping.quadkinghd.com/

Quadking blog
https://quadkinghd.com/

楽天Quadking blog
https://plaza.rakuten.co.jp/quadking

さて、今回の記事はこちら。

素人は定番商品から取り扱いましょう。

ショップオーナーになりたいという方の多くは、すでに売りたい商品を持っていたり、売りたい商品を決めている方も多くいるのではないでしょうか。

実は始めたての頃は、あまり大きな博打に出ずにコツコツと環境を整えることが大切です。

売りたい商品が売れる商品とは限らないのです。

まずは、確実な定番商品を取り揃えてからでも遅くはありません。売りたい商品ではなく、売れる商品を取り揃えてください。

在庫を持つ商売をすると、その在庫が重荷になって次の商品を仕入れることが出来ません。

注文を受けてから商品をすぐに確保できるのであれば、無在庫で始めるほうが

リスクを抑えられることになります。

成功よりも失敗することのほうが多いのです。

リスクは最小限になるような経営を進めていきましょう。

このブログへのリンク、Quadkingショップへのリンクはフリーですので、是非とも相互リンクなどよろしくお願いします。
リンクを貼って頂けたらこちらからもリンクを貼らせていただきたいですので相互リンクの許可をお願いします。

楽天カードを持ってお得にポイントを貯めよう!

Quadking ショップblog
http://quadking.seesaa.net

他にも、これが売れています。

最後まで読んで頂きありがとうございます。