【店舗】WooCommerceを使ってAmazonアソシエイトのリンクを使ったECサイトを立ち上げる。

Xserverでは、EC-CUBEのサイトを自動でインストールできると興味を持ってみたものの、カスタマイズをしようとすると、有料のサービスばかり、プラグインを提供するサイトも少ないということで、WordPressをECサイト(Shoppingサイト)にするためのWooCommerceというサイトがあることがわかり、導入を先に検討してみる。

また、すべての商品を用意するのは、初期導入段階では費用がかさみすぎる。
今後、自分で商品を用意できるようになるまでは、Amazon Associates Link Builderにて、
商品を充実させていくことで、リスクを抑えながらECサイトの構築を継続していく。

WooCommerce Guided Tour Videos

WooCommerceをインストールする。
https://ja.wordpress.org/plugins/woocommerce/

日本用にカスタマイズする。
https://ja.wordpress.org/plugins/woocommerce-for-japan/

設定をすると出来上がる。
https://quadkinghd.com/shop/


サイトの作りこみ
https://ja.wordpress.org/themes/
いろいろとサイトを調べてみると、このタイミングで、
themesを購入するという手順になっていることが多い。でも知らないものを買うのは気が引けるし、イメージと違うと後悔するので、まずは公式サイトで提供されている無料のthemesを利用して実現する。
https://ja.wordpress.org/themes / shopper /

Shopper


品揃えを増やす。まずは、しっかりとしたサイトを作り上げる。

管理画面から設定をすると初期サイトが出来上がる。
https://quadkinghd.com/shop/
しかし、初期段階では商品が表示されないので、好きな商品をWordPress管理画面から登録する。

商品登録画面には、WordPress管理画面>「商品」>「商品を追加」。
必要な情報をここから入力する。


WooCommerceの商品リンクの中で、
Amazon Associates Link Builderのリンクで関連商品をあわせて貼り付ける。

これで、商品をWordPressとWooCommerceのインフラを使って、
Amazon Associates Link Builderで商品購入の誘導ができるようになりました。

今後の対応
・Amazon Associates Link Builderの商品を自身の商品に置き換えていく。

・商品をカートに選んだ際に、Amazonの仕組みによって支払いを行えるようにする。
https://pay.amazon.com/jp

認証制度があるので、導入できるのは、まだまだ先になりそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です