楽天eMAXISSlim投資信託の成績-S&P500

株式投資

NISA購入スタートラインの記録

サイドFIREに向けて一般NISAの積み立てを開始しました。

このページでは、資産がどのように増えていくのかをまとめていきたいと思います。

年月日基準価額前日比分配金純資産総額
2022年6月7日19,092.00円12,718億円

2022年6月のまとめ

2022年6月に投資開始。2日後の実績はどうなった?

6月に投資をスタート。投資を始めた時に気になるのは、どのように価格が変わるのかが気になるところです。

自身が一般NISA枠で購入した事例を残すことにより、どのように価格が変化したのか追ってみてください。

この事例は、19092円を64万円分購入しただけの価格を例にしています。今後、定期的に購入が進みますので、平均基準額が変わっていく前提でお読みください。平均基準額は、まだ次の投資をしていないので、購入額=平均基準額になっています。

積み立てた金額が、5年後にどのようになっているかが楽しみですが、得られた利益に課税がかからない一般NISAを使った時の効果になります。
(一般NISAのうち65万円をスポット購入で購入予定でした。内、1万円は、楽天・全米株式インデックス・ファンドを購入し、基準価格額の基準を持っておきたいため購入しています。)

一般NISAでは、投資金額がつみたてNISAよりも大きい分、複利の効果を早く得られると思います。

さて、前置きはここまでにして、実際の投資に対する以下事例をご覧ください。

今回、価格の変化は2日間だけですが、295円分基準の価格が上がりました。

投資した64万円分がどのような利益を生んだのでしょうか?

64万円分は、6月7日の基準価格(19,092円)で購入したため335,219口となり、295円の上昇で9,889円の利益になりました。

基準額1円が動くと、1万口あたり1円が動くことになるので、この事例の場合は、基準価格が1円変化あたり、利益/損益として33.5円が変化するということになります。

自身が持っている口数に対して、計算できるようになっておきたいと思います。

今後は、投資信託の口数をなるべく多くもつことと、なるべく低く取得金額を抑えることで、より大きな利益を持つことを狙っていきたいと思います。

年月日基準価額前日比分配金純資産総額
2022年6月9日19,387.00円29円12,927億円
2022年6月8日19,358.00円266円12,901億円
2022年6月7日19,092.00円12,718億円
株式投資
サイドFIREのHPをフォローする
新NISAでの資産運用で早期リタイアを夢みるパパの実践奮闘ブログ 資産を増やしサイドFIRE、億り人、メリデメ 投資信託 全米株式インデックス 米国S&P500、VTI、VOO |BONDS

コメント

タイトルとURLをコピーしました