投資を始める

投資を始めたいんだけど。株・債権などがあり、どこに投資したら良いのかなぁ?

今まで国内の株に投資してきたけど、いつもマイナスなんだけどなぁ。

確かにどこに投資したら良いか難しいわね。

せっかく貯めたお金だから大切に使いたいわね。

投資するのは重要なんだけど、どこに投資したら良いか考えてみたいなぁ。

アメリカの株が成長しているって聞いているから、海外の株式に投資してみたいんだけど。

せっかくNISA口座を作ったから非課税枠はうまく使いたいね。

 

 

鉄則1:毎月定額で長期間積み立てを行う

投資の効果は、いつになることを想定してますか?1年後ですか?それとも5年後ですか?

もしこのような考え方を持っている方は考え方を見直した方が良いということになります。

基本的に、このサイトでお薦めしているサイドFIREの方法は、継続投資で長期期間を続けるという方法を取りたいと思います。

40歳の方であれば20年。30際の方であれば30年。このように60歳になった時に、それ以上働くことなく、定年退職をできるように。もしうまく行けば、業務の負担を減らしながら仕事をつつけながら好きなことをするというサイドFIREを目指しています。

長期に定額を投資することにより、ドルコスト平均法という投資になり、平均的な価格で投資信託を購入することができるという考え方を採用できます。

短期利益について一喜一憂をせずに、黙々と淡々と一定額を購入することをサイドFIREの近道ということをご理解いただき、サイドFIREを始めていきましょう。

 

鉄則2:投資先を間違えずに選定することがとても重要

投資する仕組み(口座開設とNISA口座開設)が出来上がると、早速投資対象を決める必要があります。

数百・数千を超える商品の中から投資先を選ぶのはとても難しいことです。

ある企業が好きだから、好成績だからということで、1点ものの株に絞るのは、とてもリスクが高いです。

企業の寿命は30年もあれば御の字と言われるほど短く、一つの株が成長し続けるというのは余程のことがない限り難しいことになります。

そこで候補となるのは、インデックスという考え方です。

投資金額を1つの会社に絞るのではなく、複数の会社に分散して投資するということができる商品を選ぶことです。

では、複数の会社をどこにするのか?対象の会社も日本以外の会社に投資することができます。

全世界の会社:オールカントリー、米国:上位500社、4000社、日本と自身の取れるリスクに合わせて商品を選ぶことができます。

色々な本を読んだり、YouTubeを見ると、結果として、再投資型のインデックスの株式への投資信託が良く、対象は、全世界(オルカン)、または米国が良いという方がほとんどでした。

そこで、当方も投資を始めるにあたり、以下の投資信託をメインに投資をすることにより、

サイドFIREの第一歩を踏み出したいと思います。

楽天eMAXISSlim投資信託-S&P500

 

鉄則3:儲かっても売らない。サイドFIRE達成のためにぐっと我慢。

投資信託を始めると、投資信託が日々上昇したり、下降したり気になることがあるかもしれません。

しかしながら投資の実利を得るのは、20年後です。

儲かったと言って、別の商品にすぐに切り替えるとか、投資したものを引き出すなどを行わないようにしましょう。

儲かってもぐっと我慢。売らずに20年後に金額が増えることを期待しましょう。

そのため、一度購入した株は基本的に何があっても売らない。

売りたい気持ちは心を鬼にして、我慢しましょう。

NISA口座を満額使うこと、定期的に積み立てを始めることができたら、まずはサイドFIREの準備ができたことになります。

NISA口座での投資信託は始めるのが早ければ早いほど望ましい。

投資は早く始めれば始められた方が望ましい。

自分はもう40代です。自分自身の将来だけではなく、これから将来のある子供たちのためにもジュニアNISAを始めたいと思います。

これが親としてできる最善の形ではないでしょうか?

サイドFIREのHPをフォローする
新NISAでの資産運用で早期リタイアを夢みるパパの実践奮闘ブログ 資産を増やしサイドFIRE、億り人、メリデメ 投資信託 全米株式インデックス 米国S&P500、VTI、VOO |BONDS
タイトルとURLをコピーしました