[アクセスアップ対策]初心者向けGoogleアドセンスのページビューを増やす1番の方法

[アクセスアップ対策]初心者向けGoogleアドセンスのページビューを増やす1番の方法アクセスアップ対策
この記事は約2分で読めます。

ブログのページビューを増やしてアクセス数を最大化しましょう!

今回は、アドセンスのパフォーマンスレポートの項目の1つである「ページビュー」「表示回数」についてお話していこうと思います。このページビューが増えていかないですとか、表示回数と一体何が違うんだ?ということを詳しくお話していこうと思います。ページビューはその名の通りページが見られた回数ということになります。PVという言葉でよく呼ばれています。ページが何回見られたかですので、1人でも2ページ見れば2PVですし、10ページ見れば10PVです。

単純ですよね。これは、ページの表示回数ではなくて、広告の表示回数を表しています。つまりは、ほとんどの人が1ページの中に大体3つくらいの広告を設置していると思いますので、全員がちゃんと下まで記事を読んでくれたと仮定すると(そんなことはないのですがw)“1PVに対して表示回数3”ということになります。

ここでいうページビューが増えないという状況が何を示しているのか…

  1. アクセスはあるがカウントされない
  2. アクセス自体がない

どっちに該当するかでお話する内容はまったく違ってきますので、それぞれお話していこうかと思います。

アクセスはあるがカウントされない

これは、アナリティクスではPVがカウントされているのにアドセンスの画面上ではPVが増えない状態です。つまり、アナリティクスに表示されているPV数よりもアドセンスに表示されている数値が明らかに少ないということ。

こうなってしまう理由は、“アナリティクスのトラッキングコードを読み込んだが、アドセンスのコードを読み込まずにページを閉じてしまった”という状況が発生しているからのようです。

基本的にアナリティクスのコードは<head>タグの中に入っているので先に読み込まれるんですよね。なので、アナリティクスのPV数が多いというパターンの方が多いようです。アクセス自体が集まらなくて困っているのであれば、それは当然やり方に問題があります。

  • 劣化ニュース記事みたいになってませんか?
  • 検索されるキーワード拾えてますか?
  • ブログの強さに合わせたネタって知ってますか?
  • ライバルチェックできていますか?
  • 上位表示のコツを知っていますか?

などなど、気をつけるべきポイントっていくつもあるんですよね。アドセンスのページビューと表示回数の違いや増えていかない理由について書いていきましたがいかがでしたか?ページビューはページを表示した数、表示回数は広告が表示された回数をしめす数字でした。

コメント